Go to Contents Go to Navigation

米など北ミサイル非難声明に「憂慮を共有する」 韓国外交当局者

記事一覧 2022.01.11 11:39

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は11日、米国など6カ国が北朝鮮による5日の弾道ミサイル発射を非難する共同声明を発表したことについて、「北の弾道ミサイル発射に対する憂慮を共有する」と述べた。また、「情勢安定が緊要な時期だけに、北が懸念を招く行動を自制し、速やかに対話に復帰することを促す」とした。

国際社会が北朝鮮のミサイル発射に懸念を表明している(コラージュ)=(聯合ニュース)

 米国と日本、アルバニア、フランス、アイルランド、英国は10日(米東部時間)、北朝鮮のミサイル発射を受けた国連安全保障理事会の非公開の緊急会合を前に、同ミサイル発射を非難する声明を共同で発表。「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」という目標にも言及した。

 その後、緊急会合が行われたが、安保理としての声明は出されなかった。

 この韓国外交部当局者は会合の内容には言及できないとしながら、「政府は米国をはじめとする安保理の主要理事国と、現在の朝鮮半島情勢および今後の対応方向に関し緊密に意思疎通している」と説明した。

 北朝鮮は5日(日本時間)に「極超音速ミサイル」と主張するミサイル1発を発射し、さらに11日朝、弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を発射した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。