Go to Contents Go to Navigation

入党資格を満16歳以上に引き下げ 高1も党員に=韓国

記事一覧 2022.01.11 18:36

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は11日の本会議で、政党の党員になるための年齢制限を満18歳から満16歳に引き下げる内容を盛り込んだ政党法改正案を可決した。今後は高校1年生も各党に入党し、活動できるようになる。

韓国で政党の党員になるための年齢制限が満18歳から満16歳に引き下げられ、今後は高校1年生も各党に入党し、活動できるようになる(資料写真)=(聯合ニュース)

 改正案には満16歳以上の国民であれば、誰でも政党の発起人および党員になることができるという内容が盛り込まれた。

 国会議員選挙と地方選挙の被選挙権年齢を満25歳から満18歳に引き下げることを盛り込んだ公職選挙法改正案が先月31日の国会で可決したことを受け、満18歳が立候補する際に各党の公認を得るためには、それよりも前に入党する必要があるため、政党法の改正が行われた。

 ただ18歳未満は入党する際に法定代理人の同意書を提出しなければならない。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。