Go to Contents Go to Navigation

21年の失業率3.7%に改善 就業者数も約37万人増=韓国

記事一覧 2022.01.12 09:03

【世宗聯合ニュース】韓国の統計庁が12日発表した雇用動向によると、2021年の失業率は3.7%で、前年に比べ0.3ポイント改善した。失業者数は前年比7万1000人減の103万7000人だった。

2021年は失業率が改善し、就業者数も大幅に増加した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 21年の就業者数は2727万3000人で、前年から36万9000人増加した。前年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で就業者数が21万8000人減り、落ち込み幅はアジア通貨危機時の1998年(127万6000人)以来、22年ぶりの大きさだったが、昨年は持ち直してプラスとなった。増加幅は2014年(59万8000人)以来7年ぶりの高水準で、政府の21年の目標(35万人)も上回った。

 ただ、対面のサービス業では就業者数が減少した。卸・小売業の就業者数が前年比15万人急減し、宿泊・飲食店業も4万7000人減った。

 15歳以上の就業率は60.5%で、前年より0.4ポイント高かった。

 21年12月の就業者数は2729万8000人で前年同月比77万3000人増加。7年10カ月ぶりの大幅な伸びとなった。

 統計庁は「21年は、新型コロナ禍で就業者数の減少幅が大きかった20年からの反動増、輸出の好調、デジタル転換などにより、雇用の回復傾向が続いた」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。