Go to Contents Go to Navigation

3回目接種がオミクロン株の流行左右 3日連続で強調=文大統領

記事一覧 2022.01.12 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が連日のように新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を呼びかけている。背景には新たな変異株「オミクロン株」が国内で主流になるとの懸念が出ている中、3回目接種がオミクロン株の拡大を左右する鍵になるとの判断がある。

青瓦台で開いた宗教指導者との会合で発言する文大統領=12日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は12日、青瓦台(大統領府)で行った宗教指導者との会合で、新型コロナ対応について、「第4波が沈静化しているが、コロナの完全な克服のためには乗り越えなければならない大変大きなヤマ場が残っている」として、旧正月(今年は2月1日)連休後、オミクロン株の流行が本格化する可能性があるとの見方を示した。

 また、「日本など海外の事例をみると、オミクロン株は重症化する比率は低くても主流になれば感染者数が短期間で爆発的に増える傾向がある」と説明。「3回目接種まで速やかに終えることが何より重要だ」と重ねて強調。「もはや50代以下の3回目接種率がオミクロン株の被害を左右する鍵になる」との認識を示した。

 文大統領が3回目接種を呼びかけるのは3日連続となる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。