Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月13日)

記事一覧 2022.01.13 10:00

◇ファイザー飲み薬2万1千人分きょう到着 あすから処方へ

 保健福祉部と疾病管理庁によると、米製薬大手ファイザーから購入した新型コロナウイルスの経口治療薬(飲み薬)「パクスロビド」2万1000人分が13日正午ごろに仁川国際空港に到着する。この日到着した分は、14日から患者に処方される。重症化する危険性の高い軽症・中等症患者で、65歳以上または免疫が低下した人のうち、在宅治療(自宅療養)中か軽症者向け施設の生活治療センターに入所している人に優先的に投与される。

イタリアで生産される「パクスロビド」(ファイザー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇米政府 北朝鮮国籍の6人などを制裁対象に

 米財務省は12日(現地時間)、北朝鮮の大量破壊兵器と弾道ミサイル開発に関与した北朝鮮国籍の6人とロシア人1人、ロシアの1団体を制裁対象に加えたと発表した。制裁対象には北朝鮮の国防科学院に所属する4人が含まれた。財務省の説明によると、国防科学院には北朝鮮の国防研究・開発計画を支援する物資と技術の確保に利用するため調達などを担当する組織がある。

◇ワーゲン・ポルシェなど4247台リコール 欠陥発見

 国土交通部は、アウディフォルクスワーゲンコリア、ポルシェコリア、BMWコリア、メルセデス・ベンツコリアが輸入・販売した12車種4247台について製造上の欠陥が発見され、リコール(無料の回収・修理)を行うと発表した。アウディフォルクスワーゲンコリアが輸入・販売した「ティグアン2.0 TDI」など2車種2355台は、エンジン制御装置のソフトウエアにエラーがあるほかEGR(廃ガス再循環)クーラーの亀裂による冷却水漏れでインテークマニホールド(吸気多岐管)に穴が空く恐れがある。

◇ソウル市の区 経済力1位は江南区 

 ソウル市が公表した「2019年ソウル市地域内総生産(GRDP)」報告書によると、市内で最も経済力のある自治区は江南区であることが分かった。GRDPは、一定期間に一定地域内で経済活動ごとにどれだけ付加価値が発生したかを示す経済指標。主に地域経済を包括的に把握するために活用される。報告書によると、2019年のソウル全体のGRDPは435兆9270億ウォン(約42兆1270億円)で、全国の22.6%を占めた。ソウルの25の自治区のうち、GRDPの規模は江南区が71兆8530億ウォンで最も大きく、最も規模が小さい江北区(3兆2836億ウォン)の21.9倍に上る。

◇「イカゲーム」 全米映画俳優組合賞で4部門ノミネート

 全米映画俳優組合(SAG)は12日(現地時間)、第28回授賞式の候補リストを発表し、米動画配信大手ネットフリックスのオリジナル韓国ドラマ「イカゲーム」が最高の栄誉とされるテレビドラマシリーズアンサンブル賞など4部門にノミネートされた。SAGの歴史上、韓国ドラマを含む非英語圏のドラマが候補に選ばれるのは今回が初めて。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。