Go to Contents Go to Navigation

「脱北者の自殺率、一般国民とほぼ同水準」 統一部が人権委に反論=韓国

記事一覧 2022.01.13 15:48

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は13日、国内に定着した脱北者の高い自殺率を指摘した国家人権委員会の声明に対し、脱北者の自殺率は一般国民とほぼ同じ水準だと反論した。

統一部のロゴ(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 統一部によると、2006年~20年の人口10万人当たりの自殺者数は、脱北者が27.3人、一般国民が27.1人で、国家人権委が前日発表した声明で明らかにした脱北者の自殺率とは異なる。同委員会は脱北者のうち16~20年の死者10人中1人の死因が自殺と集計され、一般国民より2倍以上高いと主張した。

 統一部は人口10万人当たりの自殺者数を、人権委は全体の死亡者に占める自殺者の割合を自殺率と定義したため結果に差が生じた。

 統一部当局者は記者団に対し「一般的に自殺率の統計は人口10万人当たりの自殺者数を意味する」と説明。人権委が発表した自殺率の統計は若年層の割合が高い脱北者の人口の特性を考慮しておらず限界がある」と指摘した。

 そのうえで、これまで人権委が脱北者関連の制度改善を勧告した場合は忠実に履行してきたとし、今後も各界の提案に耳を傾け制度改善に向け努力する意向を示した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。