Go to Contents Go to Navigation

開館20周年の東京・高麗博物館 ミニアンコール展開催

韓日関係 2022.01.13 16:21

【ソウル聯合ニュース】昨年12月に開館20周年を迎えた東京・新大久保の高麗博物館で、過去の人気展示を紹介するミニアンコール展が開かれる。

高麗博物館で開館20周年記念企画展が開催されている(同博物館提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ミニアンコール展は先月から開催中の開館20周年記念企画展の一環。1月22日まで「『韓国併合』100年と在日(後編) 在日と戦後社会」、1月23日~2月19日に「失われた朝鮮文化遺産」、2月24日~3月6日に「3・1独立運動100年を考える」が紹介される。

 高麗博物館は2001年12月7日に開館した。「市民がつくる日本・コリア交流の歴史博物館」として、これまで日本の侵略と植民地支配の真実を伝え、両国の和解のための企画展、音楽会、公演、講座を開いてきた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 韓日関係
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。