Go to Contents Go to Navigation

韓国ドーピング防止委員会 北京五輪に検査員ら派遣へ

芸能・スポーツ 2022.01.14 16:07

【ソウル聯合ニュース】韓国ドーピング防止委員会(KADA)は14日、2月の北京冬季五輪・パラリンピックにドーピング管理の専門家6人を派遣すると発表した。

北京五輪に派遣されるドーピング管理の専門家ら(KADA提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 KADAの職員2人は北京五輪組織委員会のドーピング管理運営本部と国際パラリンピック委員会本部に派遣され、ドーピング検査員4人は選手村とそり競技会場のスライディングセンター、アルペンスキー競技場で国際ドーピング検査員として活動する予定だ。

 今回の派遣は、2021年にKADAが中国と日本のアンチ・ドーピング機構と締結した業務協約に基づき、3カ国で開かれる主な国際競技大会でノウハウを共有するために推進された。

 KADAは昨夏開催された東京五輪・パラリンピックにも8人を派遣した。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。