Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 列車から戦術誘導弾2発発射=「目標に命中」

記事一覧 2022.01.15 06:54

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、北西部、平安北道の鉄道機動ミサイル連隊が前日に実戦能力の判定のための射撃訓練を実施し、戦術誘導弾2発を朝鮮半島東の東海上の設定目標に命中させたと報じた。韓国軍の合同参謀本部は14日、北朝鮮が同日午後2時41分と同時52分ごろ、平安北道・義州から短距離弾道ミサイルと推定される2発を発射したと発表しており、これを指すとみられる。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は発射に立ち会わなかったという。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは12日、極超音速ミサイルの発射実験を11日に行ったと報じた(資料写真)=(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮が今年に入り、弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体を発射するのは3回目となる。2発を発射するのは今回が初めてで、発射場所も5日と11日は北部の慈江道だったが、今回は平安北道に変わった。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。