Go to Contents Go to Navigation

トンガ沖の大規模噴火 在外国民に被害報告なし=韓国

記事一覧 2022.01.16 15:39

【ソウル聯合ニュース】南太平洋のトンガ沖で起きた大規模な海底火山の噴火を巡り、韓国の外交部当局者は16日、「現在までに在外国民の被害は確認されていない」と明らかにした。

南太平洋のトンガ(赤い印、米国の津波警報システムホームページより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 トンガには韓国人18人が在留しているという。

 同当局者は「米国や日本など太平洋沿岸地域の多数の国で津波警報と注意報が出されており、各管轄公館とホットラインを構築し、国民の被害をモニタリングしている」と説明した。

 噴火により、日本では約5年ぶりに津波警報が出され、約23万人に避難指示が出た。米西海岸やカナダ、エクアドル、チリでも津波警報が出された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。