Go to Contents Go to Navigation

国連が北朝鮮のミサイル発射に懸念 「外交的な対話必要」

記事一覧 2022.01.18 08:59

【ニューヨーク聯合ニュース】国連のドゥジャリク事務総長報道官は17日(現地時間)の会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射について、「北朝鮮と全ての当事者が外交的対話に参加する必要性を改めて想起させる」と述べ、懸念を表明した。北朝鮮と関連国の対話を通じて、緊張緩和と朝鮮半島の検証可能な非核化を達成できるとの認識を示した。

韓国・ソウル駅で17日、北朝鮮のミサイル発射に関するニュースを見る市民=(聯合ニュース)

 北朝鮮問題解決に向け国連が対話チャンネル構築のために努力できるのかとの質問には、対話チャンネルが既に存在しており、グテレス事務総長も支持しているとし、既にあるものを活用する必要があると答えた。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は17日午前(日本時間)、平壌・順安飛行場付近から東に向けて短距離弾道ミサイル2発を発射した。5日に「極超音速ミサイル」と称する弾道ミサイルを発射したのを皮切りに、北朝鮮のミサイル発射は今年に入って4回目。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。