Go to Contents Go to Navigation

マンション駐車場のEV充電器設置義務 28日から強化=韓国

記事一覧 2022.01.18 11:08

【ソウル聯合ニュース】韓国で28日から、マンション駐車場に対する電気自動車(EV)充電器の設置義務が強化される。同日以降に建築許可を受けた新築マンションの駐車場は収容台数の5%、同日より前に建築が許可されたマンションは同2%に、それぞれEV充電器を設置しなければならない。産業通商資源部が18日、「環境親和的自動車の開発および普及促進に関する法」(エコカー法)の施行令改正案が閣議決定され、28日から施行されると発表した。

マンションの駐車場に設置されているEV充電器(資料写真)=(聯合ニュース)

 これまで、新築マンションは駐車場の収容台数の0.5%にEV充電器を設置する必要があった。既築マンションの場合は設置義務がなかった。

 改正施行令はEV充電器の設置を義務付ける対象も増やした。マンションは従来の500戸以上から100戸以上に、公共施設の駐車場と公営駐車場については収容台数100台以上から50台以上に、それぞれ対象を拡大した。

 また、大企業の系列企業と大手レンタカー事業者は今後、新車の購入・リースのうち22%をエコカーにしなければならない。市内バス事業者や一般タクシー事業者、貨物輸送事業者などにもそれぞれ、エコカー購入の目標が設けられた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。