Go to Contents Go to Navigation

昨年の株式決済代金 22.6%増の49兆円=韓国

記事一覧 2022.01.19 11:22

【ソウル聯合ニュース】韓国預託決済院は19日、2021年の同院を通じた株式決済代金は前年比22.6%増の総額511兆3000億ウォン(約49兆円)だったと発表した。1日平均の決済代金は2兆1000億ウォンで、前年に比べ4000億ウォン増加した。

過去5年間の株式決済代金の推移(韓国預託決済院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 株式決済代金は、取引代金から当事者が取り交わす金額を相殺した差額を指す。

 証券会社間の決済代金は235兆1000億ウォンで前年比24.7%、機関投資家の決済代金は276兆2000億ウォンで21.0%、それぞれ増加した。

 昨年の株式決済代金は、株式取引代金(1京711兆5000億ウォン)の4.8%の水準だった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。