Go to Contents Go to Navigation

コロナ飲み薬の使用低調 併用禁忌薬多く手続き複雑=韓国

記事一覧 2022.01.19 16:11

【ソウル聯合ニュース】韓国に米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口治療薬(飲み薬)「パクスロビド」が導入されたが、処方を受けた人はまだ少ないことが分かった。

新型コロナウイルス感染症経口治療薬「パクスロビド」(資料写真)=(聯合ニュース)

 保健当局によると、導入初日の14日から16日までにパクスロビドの処方を受けた患者は計39人にとどまった。同薬は13日に2万1000人分が到着。1日当たり1000人以上に投与可能と予想されていた。

 政府の中央事故収拾本部の孫映レ(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は19日の会見で「(薬が)導入されたばかりで(医療)現場は適応段階にある」とし、「処方の基準、手続きに慣れるまでやや時間が必要」と説明した。

 医療現場からは併用禁忌薬が多く、パクスロビドを処方できないケースが多いという声が上がっている。

 孫氏は、併用禁忌薬や患者の状態を踏まえて処方を控えるケースもあるようだとし、手続きや基準が複雑な部分については21日ごろに改善策を発表すると説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。