Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 核実験・ICBM発射の再開検討示唆=「信頼措置を再考」 

記事一覧 2022.01.20 08:26

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が出席する朝鮮労働党中央委員会政治局会議が19日に開かれ、米国への対応策を議論したと伝えた。同会議では「われわれが主導的に取った信頼構築措置を全面的に再考し、暫定的に中止していたすべての活動を再稼働する問題を迅速に検討するよう指示した」と報じ、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験の再開を示唆した。

朝鮮労働党中央委員会政治局会議に出席した金正恩氏=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮は2018年4月、党中央委員会総会で核実験場を廃棄し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止すると宣言していた。

 通信によると、会議では「朝米(米朝)首脳会談以降、われわれが情勢緩和を維持するため尽くした誠意ある努力にもかかわらず、米国の敵視政策と軍事的脅威が黙認できない危険なラインに達した」と指摘。「国家の尊厳と国権、国益を守るためのわれわれの物理的な力を確実にする実際的な行動に移るべきだと結論付けた」という。

 また、米国に対し、「米国はわが国を中傷冒涜(ぼうとく)し、約20回の単独制裁措置を取る妄動を行った」とし、「米帝国主義という敵対的な実体が存在する限り、対朝鮮敵視政策は今後も続けられる」と主張した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。