Go to Contents Go to Navigation

韓国政府がメタバース戦略 「26年には世界5位」

記事一覧 2022.01.20 12:03

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は20日の非常経済中央対策本部会議で、インターネット上の仮想空間「メタバース」がもたらす経済・社会変化への対応をまとめた「メタバース新産業先導戦略」を発表した。世界シェア12位前後と推定される韓国のメタバースを2026年には5位に引き上げることを目標に、生活や観光、文化芸術などの各分野でメタバースのプラットフォーム構築を支援する。人材の養成に力を入れ、各広域圏には「メタバースハブ(拠点)」を設ける計画だ。

仮想世界「メタバース」プラットフォームの「ZEPETO(ゼペット)」にオープンした若者文化空間(提供写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 26年までに、4万人の専門家と売上高50億ウォン(約4億8000万円)以上の企業220社を育て、50件のモデルケース提示を目指す。

 政府は、日常生活や経済活動などさまざまな領域で既存のプラットフォームとは差別化された新たなメタバースプラットフォームが生み出されるよう支援する。

 韓流コンテンツパワーをメタバースプラットフォームの競争力に生かすため、伝統文化・芸術、ゲーム、アニメーション、ファッション、スポーツなど幅広い分野で事業を後押しする。五輪や万国博覧会といった国際的なイベント、見本市はオン・オフラインを組み合わせたメタバースイベントとして開催する。

 メタバースの研究開発(R&D)に関しては、中長期のロードマップを策定する計画だ。

◇「メタバースアカデミー」と専門大学院設置へ

 人材育成としては「メタバースアカデミー」を新設し、今年は実務専門の180人を養成する。在職者向けの実務強化教育も実施する。

 ほかに、4年制大学と連携した専門大学院の設立・運営を支援する。

◇有望企業を積極支援

 メタバース事業を手掛ける企業の支援拠点となるメタバースハブを、まずはソウル近郊の京畿道・板橋に設置した後、四つの広域圏にも順次整備する。ここではメタバースを活用したサービスの開発に必要な実証施設をはじめ、企業育成と人材養成の場が提供される。

 また、「メタバースファンド」を組成し、中小・ベンチャー企業のメタバース事業を支える。

 林恵淑(イム・ヘスク)科学技術情報通信部長官は「メタバースは無限の可能性を秘めたデジタル新大陸で、チャンスの空間」と強調。メタバースで世界をリードする国への飛躍を目指し、関係官庁と緊密に協力していくと述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。