Go to Contents Go to Navigation

オミクロン株の主流化は「既成事実」 総力対応指示=文大統領

記事一覧 2022.01.20 16:43

【カイロ聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、訪問先のエジプトで、韓国内で新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が急速に進んでいることについて、「わが国もオミクロン株が主流になることが既成事実化した」として、オミクロン株の対応体制に迅速に転換し、政府が総力を挙げて対応するよう指示した。韓国青瓦台(大統領府)の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

ソウル市庁前に設置されている新型コロナの臨時検査所=20日、ソウル(聯合ニュース)

 新型コロナの感染者が急増する可能性に備え、先手の対応を強調したものとみられる。

 韓国当局が20日に発表した新型コロナの新規感染者数は6603人だった。防疫措置の強化やワクチンの3回目接種の増加で3000~4000人台に減っていた新規感染者数は19日に5000人を上回り、この日は昨年12月24日以来、27日ぶりに6000人を超えた。感染力の強いオミクロン株が大流行する兆しをみせている。

 文大統領は韓国で新型コロナの感染者が初めて確認されてから丸2年となることに触れ、「困難を共に克服してきた国民と医療陣に感謝の気持ちを伝えたい」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。