Go to Contents Go to Navigation

米メルクのコロナ飲み薬 韓国3社が後発薬生産へ

記事一覧 2022.01.20 20:52

【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は20日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「ラゲブリオ(一般名モルヌピラビル)」の後発薬を韓国の製薬3社が生産し、中低所得の105カ国・地域に供給すると発表した。

新型コロナ飲み薬「モルヌピラビル」(メルク提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 3社のうちハンミ薬品は原料と完成品を生産し、セルトリオンは完成品を生産する。

 保健福祉部によると、低所得国への医薬品供給を進める国際組織「医薬品特許プール(MPP)」はメルクや米ファイザーと特許料なしで新型コロナ治療薬の後発薬を製造・販売できるライセンス契約を結び、委託先の選定を進めていた。

 MPPは「ラゲブリオ」を生産する11カ国・地域の27社を選定。そのうち韓国企業3社が選ばれた。 

 保健福祉部の権徳チョル(クォン・ドクチョル)長官は、「新型コロナ飲み薬の生産・供給を通じ、コロナ終息に向けて韓国企業が寄与することをうれしく思う」とし、官民を挙げて支援することを約束した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。