Go to Contents Go to Navigation

新型コロナ死亡者も「葬儀後に火葬」可能に 指針を変更=韓国 

記事一覧 2022.01.21 15:55

【ソウル聯合ニュース】韓国当局は、新型コロナウイルスの感染者が死亡した場合も先に葬儀を行ってから火葬できるよう関連指針を改める。

葬儀場の追悼室を消毒する関係者(資料写真)=(聯合ニュース)

 政府の中央防疫対策本部が21日に公表した関連告示の改正案によると、死去した新型コロナ感染者の遺族は火葬後に葬儀を行うか、あるいは感染対策を順守する条件で先に葬儀を行うことができる。

 現行の指針では、感染者が死去した場合は先に火葬し、後から葬儀を行うことになっている。防疫当局は今月20日、遺体から感染が広がったケースはこれまでなかったとして、新型コロナに関する情報が不足していた流行初期に設けたこの指針を改め、葬儀後の火葬を可能にする姿勢を示していた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。