Go to Contents Go to Navigation

20年のコンテンツ輸出額119億ドル コロナ禍でも16%増=韓国 

記事一覧 2022.01.24 13:34

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部が24日発表したコンテンツ産業調査の結果によると、2020年のコンテンツ産業の輸出額は119億2428万ドル(約1兆3600億円)だった。新型コロナウイルス禍でも韓流ブームを追い風に前年比16.3%増加した。関税庁が発表した20年の輸出総額が前年比5.5%減少したことを考慮すると、かなり高い成果だと同部は説明している。

ポン・ジュノ監督の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」は2020年の米アカデミー賞授賞式で作品賞など4冠を達成した=(聯合ニュースTV)

 世界的な韓流ブームの高まりで、グローバルプラットフォームを通じた輸出が大きく伸びた。分野別の輸出増加率は出版が61.1%、映画が43.0%、漫画が36.3%、放送が28.5%、ゲームが23.1%など。

 輸出額はゲーム産業が81億9356万ドルで最も多く、次いでキャラクター(7億1581万ドル)、放送(6億9279万ドル)、情報サービスなどの知識情報(6億9199万ドル)、音楽(6億7963万ドル)の順だった。

 また、20年のコンテンツ産業の売上高は128兆2870億ウォン(約12兆2300億円)で前年比1.2%増加した。中でも、オンラインコンテンツの需要が高まったことで、オンラインで流通するゲーム(21.3%増)や漫画(14.7%増)分野が高い伸びを示した。

 一方、コロナ禍で映画館や公演施設の営業が制限され、映画(53.6%減)やアニメ(13.6%減)、音楽(11.0%減)分野は売上高が減少した。

 売上高は放送分野が21兆9647億ウォンで最も多く、次いで出版(21兆6488億ウォン)、知識情報(19兆3734億ウォン)、ゲーム(18兆8855億ウォン)、広告(17兆4218億ウォン)と続いた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。