Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核実験場 坑道復旧活動は確認されず=韓国軍

記事一覧 2022.01.25 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の関係者は25日、北朝鮮が2018年に一部の坑道を爆破した北東部・豊渓里にある核実験場について、現在までに坑道の復旧活動は確認されていないと明らかにした。

18年5月、爆破される豊渓里の核実験場=(聯合ニュース)

 国際原子力機関(IAEA)の事務次長を務めたハイノネン氏は米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)とのインタビューで、「北朝鮮は豊渓里の核実験場を一定条件で維持している」として、「単純なモニタリング以上の活動とみられる」などと分析した。

 同関係者は「一部の管理施設の維持活動は確認されたが、坑道の復旧活動は捉えられていない」と述べた。

 韓国軍の合同参謀本部関係者も「豊渓里の核実験場閉鎖後、関連活動を鋭意注視しているが、現在までに注目すべき変化はない」として、「韓米の情報当局が関連動向を綿密に監視している」と伝えた。

 韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は今月21日、非公開で開かれた国会情報委員会への報告で、豊渓里の核実験場は「放置された状態」との分析結果を明らかにしたとされる。

 だが、北朝鮮が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の再開を示唆し、豊渓里の核実験場への関心が高まっている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。