Go to Contents Go to Navigation

韓国滞在の外国人200万人下回る 新型コロナが影響

社会・文化 2022.01.26 09:29

【ソウル聯合ニュース】韓国法務部の出入国・外国人政策本部が26日に発表した統計によると、韓国に滞在する外国人は2021年末時点で195万6000人と前年に比べ8万人(3.9%)減少し、200万人を下回った。過去最多を記録した新型コロナ感染拡大前の19年に比べると、約57万人(23.0%)急減した。同本部の関係者は「新型コロナウイルスの感染拡大により、前年に続いて昨年も国内に在留する外国人の数が減った」と説明した。

海外から韓国の空港に到着した人たち(資料写真)=(聯合ニュース)

 11年に140万人だった滞在外国人の数は、16年には200万人を超え、18年が237万人、19年が252万人と増え続けてきたが、20年は203万6000人に減少した。

 昨年末時点で、長期在留の外国人は156万9000人、3カ月未満の短期滞在の外国人は38万6000人となっている。このほかに、不法滞在(未登録)の外国人が38万8000人。前年から0.9%減少した。

 滞在者の内訳をみると、国籍は韓国系(61万4000人)を含む中国が84万人で最も多い。次いでベトナムが20万8000人、タイが17万1000人、米国が14万人の順だった。

 在留資格別には、在外同胞(F4)資格の査証(ビザ)所持者が47万8000人、雇用許可制の対象である非専門就業(E9)ビザが21万7000人、永住(F5)ビザが16万8000人、ビザ免除(B1)が16万5000人となっている。以下、結婚移民(F6)ビザ(13万4000人)、韓国系中国人に発給されることが多い訪問就業(H1)ビザ(12万5000人)、留学(D2)ビザ(11万1000人)と続く。

 主に旅行客が取得する観光・通過(B2)ビザは、前年比16%減の4万3000人にとどまった。

 居住・滞在先は京畿道(36万人)とソウル(22万6000人)が多い。

 一方、21年に難民認定を申請した人は2341人、難民認定を受けた人は72人だった。

 昨年は2万1160人が韓国国籍の取得を申請した。取得者は1万3636人で、出身別には中国(5145人)とベトナム(4225人)が多かった。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。