Go to Contents Go to Navigation

国際交流基金 日本映画をオンラインで無料上映=来月14日から

記事一覧 2022.01.29 09:00

【ソウル聯合ニュース】日本の独立行政法人、国際交流基金が主催する第2回ジャパンフィルムフェスティバル(JFF)が、来月14日から2週間オンラインで開催される。

映画「羅生門」のワンシーン(JFF提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 JFFは同基金が日本映画の魅力を紹介するために2016年から世界各国で行っている映画祭で、韓国では2020年12月に初めて開催された。今年は新型コロナウイルスの影響で、昨年に続きオンラインで開催される。

 「ONLINE TRIP TO JAPAN」をスローガンに開かれる今年の映画祭では、日本を代表する巨匠、黒沢明監督の「羅生門」をはじめ、「ハッピーフライト」「イヴの時間」「ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密~」「のぼうの城」など幅広い時代やジャンルの作品を上映する。

 これらの映画は2月14日午後5時から27日午後5時まで、JFF公式ホームページで会員加入後、無料で鑑賞できる。

映画「ハッピーフライト」のワンシーン(JFF提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。