Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 27日に地対地戦術誘導弾を試射と報道

北朝鮮 2022.01.28 06:56

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は28日、前日に発射した飛翔(ひしょう)体について、地対地戦術誘導弾の発射実験を実施したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)は立ち会わなかった。

北朝鮮が17日に行った戦術誘導弾の発射実験=(聯合ニュース=朝鮮中央通信)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍合同参謀本部は27日、北朝鮮が同日午前8時ごろ東部の咸鏡南道・咸興から朝鮮半島東の東海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる2発を発射したと明らかにしており、これを指すとみられる。

 中央通信は2発の戦術誘導弾が目標の島を精密打撃するとともに爆発力も設計上の要求を満たしたことを証明したと伝えた。

 一方、中央通信は北朝鮮が25日に発射した巡行ミサイルについて、長距離巡行ミサイル2発の発射実験を実施し、ミサイルが設定した飛行軌道を約2時間35分飛行し、東海にある1800キロ離れた標的の島に命中したと伝えた。

 北朝鮮は今年に入り、これら2回を含み計6回のミサイル発射を行っている。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。