Go to Contents Go to Navigation

自動車登録2491万台 エコカーは116万台=韓国

記事一覧 2022.02.02 12:45

【ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部は2日、国内の自動車登録台数は昨年12月時点で2491万1000台と、2020年末に比べて2.2%(55万台)増加したと発表した。

電気自動車(EV)などエコカーの登録台数が増加している(コラージュ)=(聯合ニュース)

 人口2.1人当たり1台の自動車を保有している計算となる。各国の自動車1台当たりの人口は米国1.1人、日本1.6人、ドイツ1.6人、スウェーデン1.8人、中国5.1人など。

 自動車登録台数のうち、エコカー(電気自動車、燃料電池車、ハイブリッド車)が115万9000台で前年同月末比41.3%増加した。登録台数に占めるエコカーの割合は14年末の0.7%から20年末は3.4%、昨年末は4.7%と拡大を続けている。

 昨年12月時点で燃料電池車(FCV)の登録台数が前年同月末比77.9%増の1万9000台、ハイブリッド車は34.7%増の90万8000台と集計された。電気自動車(EV)は71.5%増の23万1000台で、18年末と比べると約4.2倍に増加した。

 ガソリン車は1175万9000台で3.1%増加したが、ディーゼル車は987万1000台と初めて減少に転じた。ディーゼル車の累計登録台数は18年が993万台、19年が996万台、20年は999万台だった。

 昨年の自動車新規登録台数は、車載半導体の供給不足による生産停滞で前年比9.0%減の174万3000台だった。国産車の新規登録台数は前年比11.1%減の142万9000台、輸入車は同1.9%増の31万4000台を記録した。

 自動車全体の新規登録台数が減少したにもかかわらず、EVの登録台数は10万台で前年(4万6000台)に比べ115.0%増加した。

 メーカー別のシェアは現代自動車が44.0%、起亜が23.7%、テスラが14.2%の順で高かった。テスラのEVのシェアは18年の1.6%から上昇が続いている。 

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。