Go to Contents Go to Navigation

あすからコロナ対応体制を転換 保健福祉相が現場を視察=韓国

記事一覧 2022.02.02 17:01

【ソウル聯合ニュース】韓国の権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官は2日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の流行に対応するための医療体制の転換を前にソウル市内の小規模医療機関を視察し、準備状況を点検した。同部が伝えた。

ソウル市内の医院級の医療機関で検査を受ける権徳チョル長官(保健福祉部提供)=2日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国ではこれまで保健所や特定の医療機関でのみ行っていた新型コロナの検査や診療について、2月3日からは呼吸器専門クリニックなど指定された医院級(病床数30床未満)の医療機関でも受けられるようになり、経口治療薬(飲み薬)の処方も受けられるように体制が変更される。

 大韓医師協会などによると、この日までに全国900の医院級医療機関が新型コロナの診療に参加する意思を示したという。

 同協会の関係者は「当初政府と医師協会が目標として掲げた(指定医療機関)1000カ所は十分達成できると予想する」と話した。

 新型コロナの検査や診療を行う医療機関の一覧は、3日から保険福祉部や健康保険審査評価院のホームページで確認することができる。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。