Go to Contents Go to Navigation

RCEP発効で「通商地図広がる」 企業の進出支援に尽力=韓国首相

記事一覧 2022.02.03 11:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は3日の閣議で、韓中日や東南アジア諸国連合(ASEAN)各国など計15カ国が参加する地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が1日に韓国で発効したことに関し、「RCEPにより、韓国の通商地図が一層広がった。韓国企業がより活発に世界市場に進出していくことを期待する」と述べ、政府は企業の進出支援に最善を尽くすと表明した。

閣議で発言する金首相=3日、ソウル(聯合ニュース)

閣議で発言する金首相=3日、ソウル(聯合ニュース)

 RCEPが15カ国すべてで発効すれば、貿易総額と国内総生産(GDP)、人口のそれぞれで世界の約3割を占める世界最大の自由貿易協定(FTA)となる。

 金氏は、新型コロナウイルス禍でも昨年に最短期間で年間貿易額1兆ドル(約114兆円)、月間輸出額600億ドルを達成したことを挙げ、韓国経済を速い回復の道へと導いてくれたのが輸出だと説明。その上で産業通商資源部などの関係官庁に対し、「企業がRCEPを積極的にうまく活用できるよう、漏れのない支援に努めてほしい」と求めた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。