Go to Contents Go to Navigation

韓国の反中感情が爆発寸前 引き抜きや不可解ジャッジ=北京五輪

記事一覧 2022.02.07 11:37

【北京聯合ニュース】2002年のソルトレークシティー冬季五輪は、韓国社会に少なからず影響を与えた。スピードスケート・ショートトラックの男子1500メートルで、トップでゴールした韓国の金東聖(キム・ドンソン)が進路妨害で失格となった結果、日系2世の米国選手、アポロ・アントン・オーノが金メダルに輝いた。オーノがオーバーアクションで金の失格を引き出したとして、韓国で反米感情が広がった。それから歳月がたち、反米を叫ぶ声はほぼ消えたが、北京冬季五輪でソルトレークシティー大会をほうふつとさせる微妙なムードが流れている。

ショートトラックの混合リレーで、中国の金メダル獲得を喜ぶキム・ソンテ氏(左端)やビクトル・アン氏(中央)=5日、北京(聯合ニュース)

 始まりは4日の開会式での一幕だった。中国少数民族の朝鮮族の代表として韓国伝統衣装「韓服」を着た女性が登場し、「中国が韓服を自国のものと主張している」と韓国で波紋を広げた。

 韓国のお家芸、ショートトラックでもごたごたが起きている。

 中国は5日、ショートトラックのメダル第1号をかけた新種目の混合リレーで、釈然としない審判の判定により決勝に進出し、金メダルを手にした。予選で敗退した韓国はこの判定に直接影響は受けていないが、代表メンバーは中国に対する反感をあらわにしている。

 ショートトラック男子代表の郭潤起(クァク・ユンギ)は6日の公式練習後、前日の混合リレーでの判定に真っ向から問題を提起した。郭は「中国は準決勝で選手同士がタッチをしなかったにもかかわらず、失格と判定されなかった」と指摘し、「中国以外の国がそうしていたなら決勝に進出できなかったはずだ」と批判した。

 郭は開会式の前にも中国にホームアドバンテージがあると予想し、中国のネットユーザーから非難を浴びた。

 韓国と中国の代表チームの間には、大会前から微妙な空気が漂っていた。

 中国は今大会を前に、18年の平昌冬季五輪で韓国代表を率いたキム・ソンテ監督や元韓国代表のビクトル・アン(韓国名:安賢洙=アン・ヒョンス)技術コーチら韓国の指導者を多く迎え入れ、韓国とのレースに備えた。

 また、中国は大韓氷上(スケート)競技連盟から国家代表の資格停止処分を受けた韓国のショートトラック元エース、林孝俊(イム・ヒョジュン)にラブコールを送り、中国国籍を取得させた。林は五輪出場権を得られなかったが、自身のソーシャルメディアで連日中国を応援している。

 こうした雰囲気の中、中国は判定の助けもあって金メダルを獲得し、韓国の選手らは敵対心を隠さずにいる。

 五輪のショートトラックで、韓国と中国が競う構図は避けられない。両チームはこの先、残る8個の金メダルを巡って競い合う。再び判定が物議を醸し、反中感情が広がる事態が懸念される。

開会式に登場した韓服を着た女性=4日、北京(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。