Go to Contents Go to Navigation

起亜 英国進出31年で初の月間販売1位=アウディ・VW抜く

記事一覧 2022.02.09 17:06

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車大手の起亜が、1991年の英国自動車市場進出から31年にして初めて月間販売台数1位を達成したことが、9日分かった。

起亜のSUV「スポーテージ」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 英自動車工業会(SMMT)によると、起亜は1月に英国市場で前年同月比67.5%増の1万504台を売り上げ、アウディやフォルクスワーゲン(VW)を抜いて首位に躍り出た。市場シェアも過去最高の9.1%を記録した。

 アウディは8567台(7.4%)、フォルクスワーゲンは8514台(7.4%)でそれぞれ2、3位を占め、BMWが8380台(7.3%)、トヨタが8030台(7.0%)で後に続いた。

 起亜の親会社である現代自動車は、前年同月比81.5%増の5624台(4.9%)で9位につけた。

 1月の英国市場での自動車販売台数は計11万5087台で、前年同月比27.5%増加した。

 起亜のこのような成長は、スポーツタイプ多目的車(SUV)の「スポーテージ」と「ニロ」がけん引した。スポーテージの1月の販売台数は3458台、ニロは2372台で、車種別でそれぞれ1位、3位となっている。

 英国では電気自動車(EV)の産業需要が高まっており、「ニロEV」「EV6」など競争力のあるEVを前面に押し出して現地市場を攻略した点が功を奏したと分析される。 

 起亜は、今月初めに英国で発売した新型スポーテージを主力に販売増を維持する計画だ。

 同社英国法人のフィルポット最高経営責任者(CEO)は、「先月の記録的な販売実績は、競争力ある製品をユーザーに提供するために法人とディーラーのネットワークが緊密に協力した結果だ」としながら、「昨夏から起亜のモデルに対する需要が拡大しており、今後販売の成長傾向が続くだろう」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。