Go to Contents Go to Navigation

韓国 施設訪問者の名簿作成中止を検討=追跡の必要性低下

記事一覧 2022.02.09 19:28

【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、不特定多数が利用する施設に課していたQRコードなどを利用した訪問者名簿の作成を中止する案を検討していることが9日、分かった。政府の中央事故収拾本部が明らかにした。

デパートの入口に掲示されている訪問者名簿に関する案内文=(聯合ニュース)

デパートの入口に掲示されている訪問者名簿に関する案内文=(聯合ニュース)

 訪問者名簿は、新型コロナウイルス感染者と接触した人を追跡するために使用されているが、感染者の急増により調査が簡略化されたため、名簿での管理の必要性が低まった。

 中央防疫対策本部も「感染者とその同居家族を中心に防疫対策を進めることにより、名簿の役割は低くなった」とし、これに関連した後続措置を検討していると明らかにした。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。