Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮のミサイル発射費用 11発で75億円=米シンクタンク

記事一覧 2022.02.11 14:31

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が今年1月だけで7回行ったミサイルの発射実験に、相当な費用が投じられたとの推算が発表された。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が11日、報じた。

北朝鮮が1月25日に行った巡航ミサイルの発射実験=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同放送によると、米シンクタンクのランド研究所の研究員は「北朝鮮がミサイルを1回発射する費用は、中距離で1000万ドル(約11億6000万円)~1500万ドル、短距離で300万~500万ドルと推定される」と述べた。

 また、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射費用は1回当たり2000万~3000万ドルに上ると分析した。

 VOAは、北朝鮮が先月7回にわたって短距離ミサイル10発(巡航ミサイル2発を含む)、中距離ミサイル1発の計11発を発射するのに最大6500万ドル(約75億円)を投じたと推測した。

 VOAは、この金額はコメ15万トン分に当たるとしながら、北朝鮮の人口が消費する穀物量は1日約1万トンであり、今年の北朝鮮の食糧不足分は約80万トンだと予想した。

 この研究員は「ミサイル施設、発射台、人員は北朝鮮が既に保有しており、費用がかからないと想定して推算した」として、実際の費用はさらに膨れる可能性もあることを示唆した。

 北朝鮮経済専門家のウィリアム・ブラウン元ジョージタウン大教授は「発射実験はミサイル開発の一部であり、ミサイルと核兵器プログラムには膨大な費用がかかる」と指摘した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。