Go to Contents Go to Navigation

コロナ生活費の支援基準 きょうから変更=韓国

記事一覧 2022.02.14 17:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁は14日、新型コロナウイルス感染症の入院者・隔離者に支給される生活支援費および有給休暇費用の支援基準が同日から変更されたと発表した。

京畿道・華城市庁の東灘出張所に設置された新型コロナウイルス感染症行政案内センター=14日、華城(聯合ニュース)

 支援基準の変更は、変異株「オミクロン株」拡大に合わせた在宅治療(自宅療養)体系が構築されたことを受けての措置。これまでは隔離者の世帯の全世帯員数を基準に支援金が算定されたが、同日から実際の入院者・隔離者の数が基準となる。

 1日当たりの支援金と1カ月の上限額は世帯内の隔離者の数によって異なる。隔離者が1人の場合は1日当たりの支援金が3万4910ウォン(約3400円)で、1カ月の上限額は48万8800ウォン。2人は5万9000ウォン(上限額82万6000ウォン)、3人は7万6140ウォン(106万6000ウォン)、4人は9万3200ウォン(130万4900ウォン)、5人は11万110ウォン(154万1600ウォン)、6人は12万6690ウォン(177万3700ウォン)。

 これまでと同様、隔離期間に有給休暇を使用して休んだ場合、海外から入国し隔離となった場合、防疫規則違反者には生活支援金は支給されない。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。