Go to Contents Go to Navigation

子ども・青少年の新型コロナ感染者急増 ワクチン接種は「検討中」=韓国

記事一覧 2022.02.22 21:26

【ソウル聯合ニュース】韓国で3月の新学期を控え、子どもや青少年の新型コロナウイルス感染が急増している。

韓国南西部、光州市の小学校。始業式を約1週間後に控え、消毒作業が行われた=22日、光州(聯合ニュース)

韓国南西部、光州市の小学校。始業式を約1週間後に控え、消毒作業が行われた=22日、光州(聯合ニュース)

 中央防疫対策本部によると、22日午前0時現在の国内の新型コロナ感染者数(9万9573人)のうち0~9歳が15.4%(1万5341人)、10~19歳が14.1%(1万4040人)で、20歳未満が29.5%を占めた。

 同本部は18歳以下の感染者増加を、療養型病院や療養施設での感染者増加とともに変異株「オミクロン株」の感染を拡大させる要因に挙げている。

 当局は子ども・青少年の感染者増加がワクチン未接種と関連があるとみている。特にワクチン接種の対象に含まれていない11歳以下の感染者増加が目立つ。

 当局は先月、5~11歳の新型コロナワクチン接種計画を2月中に策定する方針を明らかにしたが、まだ検討を続けている。食品医薬品安全処は米ファイザー製のワクチンについて12歳以上を接種の対象としている。

 政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団の関係者は22日の会見で「国内外の政策の動向や勧告事項、さまざまな研究結果、国内の専門家への諮問などを踏まえて小児の接種について検討を進めている」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。