Go to Contents Go to Navigation

佐渡金山に「強い懸念」 ユネスコ事務局長へ伝達=韓国外相

記事一覧 2022.02.23 09:22

【パリ聯合ニュース】インド太平洋に関する閣僚会合に出席するためフランス・パリを訪問中の韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は22日(現地時間)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部でアズレ事務局長と会談し、日本政府が世界文化遺産登録に向け「佐渡島の金山」(新潟県)をユネスコに推薦したことに対し韓国政府の強い懸念を伝えた。

会談する鄭長官(左)とアズレ事務局長=22日、パリ(聯合ニュース)

 韓国外交部によると、会談は40分ほど行われた。鄭氏は2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」に関しても、日本が約束した措置がまず忠実に履行されるようユネスコの格別な関心と協力を求めた。

 アズレ氏は佐渡島の金山などに対する韓国政府の懸念は認識しているとし、産業革命遺産の措置履行に関しても引き続き関心を持って取り組むと答えたという。

 韓国政府は、朝鮮半島出身者の強制労働があった端島炭坑(軍艦島)などを含む産業革命遺産に対し日本が措置を履行しないまま、強制労働のまた別の現場である佐渡島の金山を世界遺産に登録しようとすることは不適切だと強調している。一方、日本政府は佐渡島の金山を今月1日に推薦した際、強制労働があった太平洋戦争期間(1941~45年)を対象外とした。

 ユネスコ世界遺産センターは日本が提出した書類が必要な形式を備えているかを3月1日まで検討した後、ユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)に回す。イコモスは4月から本格的な書類審査に入り、下半期に現場調査を実施する。調査結果に基づく勧告は、世界遺産センターを通じて来年5~6月ごろ、日本政府に通知される見通しだ。イコモスが登録を勧告すれば、世界遺産委員会でもほぼ問題なく登録が決まる。

 一方、鄭氏はこの日の会談でユネスコとの協力拡大に期待を示し、ユネスコが主導するイラク北部のモスク再建事業に韓国政府が向こう3年間で約550万ドル(約6億3000万円)を拠出すると約束した。また、北朝鮮との南北軍事境界線を挟む非武装地帯(DMZ)の世界遺産登録推進に向けたユネスコ事務局の関心と支援に謝意を示すとともに、南北協力と朝鮮半島の平和増進にも持続的な関心を求めた。

 アズレ氏はユネスコのパートナーである韓国と諸分野で協力することを希望し、南北間の協力増進も積極的に働きかけていくとした。

あいさつを交わす鄭長官(右)とアズレ事務局長(韓国外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。