Go to Contents Go to Navigation

文大統領「原子力を今後60年の主力電源として活用」

記事一覧 2022.02.25 20:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日に青瓦台(大統領府)で開かれた「グローバルエネルギー供給網懸案点検会議」で、今後約60年は原子力を主力電源として十分に活用しなければならないと指摘した。青瓦台の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

文大統領(青瓦台提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今回の会議はロシアのウクライナ侵攻により、エネルギーの安定供給への不安が高まる中、電力供給の基盤拡充のため国内の原発の状況を点検するために開かれた。

 文大統領は「適切な稼動率を維持し原発の安全性確保に万全を期してほしい」としながらも原発を十分に活用する必要がある点を強調した。

 ただ、「原発には長所があるが、わが国の場合は原発の密集度が世界最高であることに加え、特定の地域に密集しているため事故が起きれば被害に耐えるのは難しく、エネルギーミックスの見直しは避けられない」と指摘した。

 そのうえで、韓国政府のエネルギー転換政策について、新規原発の建設中止や老朽化した原発の寿命延長の禁止などを2084年まで長期にわたり段階的に推進するものと説明した。 

 また原発への依存度を徐々に減らす一方で、原発の輸出を推進するのは矛盾とする一部の指摘については、「各国は自国の事情によりエネルギーミックスを選択している。原発が必要な国は韓国の技術と経験を高く評価し、韓国の原発の輸入を希望している」とし、原発の輸出は当然だと反論した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。