Go to Contents Go to Navigation

海外からの入国者 ワクチン接種済みなら自主隔離免除も=韓国政府

記事一覧 2022.02.28 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種を終えた海外からの入国者について自主隔離を免除することを検討している。中央防疫対策本部の本部長を務める鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長が、28日の定例会見で明らかにした。

仁川国際空港の入国ロビー=(聯合ニュース)

仁川国際空港の入国ロビー=(聯合ニュース)

 鄭氏は「海外からの入国者の隔離によって(感染力の強い変異株)オミクロン株の流行初期に国内での拡大を最大限遅らせるという目標を達成したと判断する」とし、「適切な時期にこのような措置を推進する」と述べた。

 また、個人が入国前に訪問した地域やワクチンの接種歴、陰性証明書、健康状態質問書を提出する「事前入国申告」制度の試験事業を行っているとして、この制度が本格的に実施された後の入国者管理方式の変更を検討していると説明した。

 現在、海外からの入国者は入国時にPCR検査の陰性証明書を提出し、入国後7日間施設や自宅で自主隔離を行うことになっているが、これをそれぞれの危険度に応じて緩和する。

 海外でも、接種歴に応じて入国者の自主隔離や陰性証明書提出の免除などさまざまな緩和措置が取られている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。