Go to Contents Go to Navigation

駐韓ロシア大使 韓国の制裁参加に遺憾表明

記事一覧 2022.02.28 19:02

【ソウル聯合ニュース】クリク駐韓ロシア大使は28日、ソウルの在韓ロシア大使館でウクライナ問題に関する記者会見を開き、韓国政府が国際社会の対ロシア制裁に参加することは「喜ばしい知らせではない」として、「われわれは深い遺憾の念を抱かざるを得ない」と述べた。

記者会見を行うクリク氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

 クリク氏は「(国交樹立以来)30年間ロシアと韓国の関係は前向きに発展してきたが、協力レベルの上昇の勢いが方向を変えそうだ」として、新北方政策により両国関係が発展したが、現在の状態は遺憾だと強調した。

 また、韓国の国益を考えれば対ロシア制裁に参加する必要はないとしながら「制裁を行うようにする唯一の要素があるとすれば、韓国が現在受けている強力な外部の影響だ」と述べ、韓米関係を念頭に置いていることを示唆した。

 その上で「韓国がこのような圧力に屈して制裁に参加すれば、両国関係が発展する勢いをくじくだろう」と指摘。ガス・鉄道・電気などの分野で推進してきた南北露の協力事業を取り上げ「ロシアに加えられた経済制裁がこのプロジェクトの推進に役立たないことは明白だ」と語気を強めた。

 続けて「南北露協力プロジェクトは核問題の解決、南北関係、朝鮮半島の平和と安保、繁栄の確立などと緊密に関連している。そのように考えれば、韓国が本当にこれら全てを必要とするか疑わしい」と述べた。

記者会見であいさつするクリク氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

 記者会見の冒頭では、国際社会の対ロシア制裁に参加する国が「ロシアとの両国関係に相当な被害を与えるのみならず、西側諸国が行っている不法な行動に参加するということを確実に認識しなければならない」とも発言した。

 クリク氏は会見で、ウクライナ侵攻は北大西洋条約機構(NATO)拡大による安保の脅威に対応するためだとするこれまでの主張を繰り返し、「米国とNATOは、NATOの非拡大を求めるロシアの権利を否定している。同盟を結ぶ自由を最優先とし、他国の安保を侵害してはならないという条件を完全に無視している」と強調した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。