Go to Contents Go to Navigation

コロナ規制緩和「生活とのバランス必要」 理解求める=韓国首相

記事一覧 2022.03.04 17:06

【ソウル聯合ニュース】韓国の防疫当局が4日、新型コロナウイルスの感染者が急増しているにもかかわらず飲食店などの施設の時短営業を現行の午後10時までから午後11時までに延長する方針を発表したことについて、金富謙(キム・ブギョム)首相は自身の交流サイト(SNS)に「コロナも別の疾病のように一般の医療体系の中で統制できる状況を準備し、次第に生活とのバランスを取っていくことも必要」と書き込んだ。

金首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の防疫当局が同日に発表した新型コロナの新規感染者数は26万6853人で、前日から約7万人増え最多となった。

 金首相は「感染者数は予測した通り遅いペースで増加し、ピークに近付いていると判断した」と説明。私的な集まりの人数制限(最大6人)を緩和しなかったことに関しては、「『オミクロン株』の拡散がまだ続いているため」とし、「ただ、(営業)時間を1時間延長したのは(食事の席で)同一人物が食事を続けても、それほど大きな差がないとう現場と専門家の意見を総合して下した結論」と強調した。

 また、「自営業者は時間制限をなくすよう求めたが、そこまではできなかったことを分かってほしい」とし、「医療界に負担がかかるかもしれないが、今生計が苦しい隣人の困難を察してほしい」と双方に理解を求めた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。