Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「偵察衛星開発で再び実験」 5日の弾道ミサイル発射

記事一覧 2022.03.06 09:50

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は6日、国家宇宙開発局と国防科学院が「偵察衛星開発計画に基づいて再び重要な実験を行った」と報じた。実験では「衛星データの送受信や制御指令システム、地上衛星管制システムの信頼性を実証した」という。北朝鮮は5日に平壌の順安付近から弾道ミサイル1発を発射しており、これを指すとみられる。偵察衛星開発実験と称しての発射は2月27日に続いて2回目。

北朝鮮の朝鮮中央通信は2月28日、「前日に偵察衛星開発のための重要な実験を行った」と報じた。同通信はカメラで地上を撮影し、高解像度などを立証したと説明。宇宙から撮影したという朝鮮半島の写真を公開した=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮が5日午前に発射した弾道ミサイルの飛行距離は約270キロ、高度は約560キロ。先月27日に発射した準中距離弾道ミサイル(MRBM)と類似する。北朝鮮は今回もミサイルとは言及しなかった。

 偵察衛星を宇宙に打ち上げるには長距離ロケットを打ち上げなければならないが、同ロケットは大陸間弾道ミサイル(ICBM)への転用が可能。このため北朝鮮はICBM発射を準備しているのではないかとの見方もある。

 北朝鮮は国際社会と約束した核実験とICBM発射実験のモラトリアム(一時停止)宣言の撤回を示唆しており、一部の専門家はMRBMを相次いで通常より高い角度で発射していることに関して、ICBM発射の意思表示と名目づくりのためと見ている。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。