Go to Contents Go to Navigation

大統領選与野党候補の警護強化 与党代表襲撃事件受け=韓国

記事一覧 2022.03.07 18:29

【ソウル聯合ニュース】韓国革新系与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表が7日、ソウル市内で大統領選(9日投開票)の選挙運動中に男からハンマ―で頭を殴られた事件を巡り、与野党は候補の警護を強化した。

現場で取り押さえられた男(共に民主党選対副首席報道官提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 警察庁は現在、大統領選の有力2候補である共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事と保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長にそれぞれ33人の警護員を派遣している。

 李氏にはこれまで前後に1人ずつ2人の警護が配置されていたが、この日から前後左右に計4人の警護が付く。警察関係者は「選挙警護は(候補が)支持者と接触しなければならないため、危害を完全に防ぐことはできない」としながら「テロがいつ起こるか分からないため、警戒態勢を最高レベルに引き上げて警護を行っている」と説明した。

 国民の力も尹氏に対する警護を強化する方針だ。現在尹氏の随行警護員は25人だが、これ以外にも警護員8人が一般の有権者の目につかない場所から監視しているという。

 国民の力は尹氏と有権者のふれあいを妨げない範囲で警護を行い、万一の事態に備える方針だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。