Go to Contents Go to Navigation

韓国東部の大規模山火事 過去最大の被害に迫る勢い

記事一覧 2022.03.07 21:10

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は7日、東部で発生した大規模な山火事により、同日午後6時までに2万756ヘクタールの山林に影響が及んだと推定されると発表した。

南東部・蔚山で発生した山火事(山林庁提供)=(聯合ニュース)

 1986年に関連統計が始まってから、これまでに最も被害が多かった山火事は2000年に東海岸地域で発生し2万3794ヘクタールに影響を及ぼしたもので、今回の被害はこれに迫る。

 今回の山火事の被害面積はソウル市の面積(6万500ヘクタール)の3分の1を超えた。

 人命被害はないものの、570の施設が被害を受け、慶尚北道蔚珍郡では272軒、江原道東海市では66軒、そのほか合わせて348軒の住宅が焼失した。

 7日午後4時時点での鎮火率は、蔚珍郡と同郡と接する江原道・三陟市が50%、江原道東海市が90%、同道寧越郡が40%、大邱市達城郡が40%となっている。

 同時刻までに消防士など9783人とヘリコプター92機、車両706台が投入された。

 山火事により約220世帯、330人の被災者が発生した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。