Go to Contents Go to Navigation

義勇兵志願の元大尉がウクライナ到着 韓国政府は行政制裁へ

記事一覧 2022.03.08 16:35

【ソウル聯合ニュース】ウクライナに侵攻したロシアと戦うウクライナの国際義勇軍に参加するとして元韓国海軍特殊部隊(UDT・SEAL)大尉のイ・グン氏が現地に向かったとされる問題で、韓国外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官は8日の定例会見で「韓国の国民が、政府の定める事前許可を得ずにウクライナに入国した事実を確認した」と明らかにした。政府は旅券法にのっとり、行政制裁の手続きを進めているという。

イ・グン氏は7日に自身のインスタグラムを更新し、ウクライナに到着したと明らかにした。イ氏らのチームは「最前線で戦う」という(同氏のインスタグラムから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 崔氏は「外交部は現在、旅券法にのっとって法務部など関係官庁と協議しながら旅券に対する行政制裁を進めている」と説明。また、「旅券法違反で刑事告発もする予定だ」と述べた。

 旅券の行政制裁としては、旅券の返納命令、返納しなかった場合の旅券の無効化、新しい旅券の発給拒否・制限などがある。

 イ氏は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の人気コンテンツに出演して一躍有名になった人物。国際義勇軍に参加するためウクライナに出発したと明かし、7日に自身のインスタグラムでウクライナ到着を報告した。

 韓国政府は先月13日付でウクライナ全土に、旅行警報の最高段階となる第4段階(旅行禁止)を発令した。韓国の国民が例外的な旅券使用の許可を得ずに無断で入国すれば、行政制裁と刑事罰の対象になる。イ氏は出国前、こうした旅券使用許可に関し外交部に問い合わせをしなかったようだ。

 崔氏は、ウクライナが戦時状態にあるとしながら、「義勇軍参加問題で政府の事前許可なく無断でウクライナに入国することがないよう、今一度お願いする」と強調した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。