Go to Contents Go to Navigation

韓国軍が北朝鮮警備艇に警告射撃 船舶追跡し境界線侵犯

記事一覧 2022.03.08 16:42

【ソウル聯合ニュース】韓国側に向かった船舶を追跡していた北朝鮮の警備艇が8日、黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)を越え、韓国軍の警告射撃を受けて引き返していたことが分かった。

北朝鮮の船舶がNLLを越えて韓国側に入った=(聯合ニュースTV)

 韓国軍の合同参謀本部は、同日午前9時半ごろに黄海の白ニョン島から10キロの海上でNLLを越えて韓国側に入った北朝鮮の船舶を拿捕(だほ)し、調査中だと発表した。

 この過程で、船舶を追っていた北朝鮮の警備艇が一時NLLを侵犯し、韓国海軍の高速艇による警告射撃1発を受けて引き返した。

 韓国軍は拿捕した船舶を白ニョン島付近にえい航し、関連当局と合同で取り調べ中だ。

 船舶には7人が乗っており、6人は軍服を着ていた。武装はしていなかったという。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。