Go to Contents Go to Navigation

李在明氏が敗北宣言 「最善尽くしたが期待に添えず」=韓国大統領選

記事一覧 2022.03.10 04:20

【ソウル聯合ニュース】9日投開票の韓国大統領選の革新系与党「共に民主党」候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は10日未明、ソウルの党本部で記者会見を開き、「最善を尽くしたが、期待に応えられなかった」として「全ては私の力不足のせいだ。皆さんの敗北でも民主党の敗北でもない。全ての責任は私にある」と述べ、敗北を認めた。

党本部に到着した李氏(共同取材)=10日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は当選確実となった保守系最大野党「国民の力」候補の尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長に祝意を表し、「当選者が分裂と対立を越えて統合と和合の時代を開くことを切に願う」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。