Go to Contents Go to Navigation

尹錫悦氏 大統領就任後の執務室移転を検討=国防部庁舎が浮上 

記事一覧 2022.03.15 11:55

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が、就任後の執務室を青瓦台(大統領府)からソウル市竜山区にある国防部庁舎への移転を検討していることが分かった。尹氏側の関係者が15日、聯合ニュースの取材に対して明らかにした。

尹錫悦次期大統領(国民の力提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国に一部返還された竜山の在韓米軍基地の跡地に公園が造成されることを念頭に置き、国民の近くで執務に当たる意志を示したものだ。当初はソウル中心部・光化門の政府ソウル庁舎に執務室を設け、首相公館を大統領官邸とする案が有力とされていたが、国防部庁舎に執務室を設ける案が急浮上した形だ。

 大統領の動線を踏まえると、国防部庁舎に執務室を置く場合は竜山区漢南洞の陸軍参謀総長公館や外交部・国防部長官公館を大統領官邸とすることが有力視されている。

 尹氏の関係者は「光化門の政府ソウル庁舎や外交部庁舎に移転する選択肢も残っている」として、移転先は確定していないと説明した。 

 国防部庁舎を新たな移転先として検討することになったのは、警備面を考慮したとみられる。

 光化門の政府ソウル庁舎や外交部庁舎に比べ、国防部庁舎は周辺に高い建物がなく、外部からの遮断も容易で警護がしやすいためだ。

 また、有事の際に国防部庁舎とつながっている「地下バンカー」を使用できる点も考慮したものと分析される。

 ただ、国防部の移転は検討されていない。国防部の新庁舎と旧庁舎に空きスペースが十分にあることから、尹氏側は小規模な改装のみで執務室の移転が可能だと判断したようだ。

 青瓦台の改革業務は最大野党「国民の力」の尹漢洪(ユン・ハンホン)国会議員が総括しており、尹氏は早ければ今週中に具体的な移転計画を公開する予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。