Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮発射の飛翔体 高度20キロ未満で爆発と推定=韓国軍

記事一覧 2022.03.16 14:54

【ソウル聯合ニュース】韓国軍当局は北朝鮮が16日午前9時半ごろ、平壌の順安付近から発射した未詳の飛翔(ひしょう)体について、高度が20キロにも達しなかった初期段階に爆発したと推定した。

北朝鮮のミサイル(資料写真)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

北朝鮮のミサイル(資料写真)=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国軍関係者は飛翔体に関し、「弾道ミサイルと推定される」と述べた。

 発射の初期段階に爆発したため具体的な機種を把握することは難しいが、韓国軍は発射場所が先月27日と今月5日に新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の性能試験のための発射実験が行われた順安飛行場付近だったことからICBMの可能性に重きを置いているもようだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。