Go to Contents Go to Navigation

韓国球界復帰の金広鉉 年俸7.7億円で国内プロスポーツ最高額

記事一覧 2022.03.16 18:05

【仁川聯合ニュース】昨年まで米大リーグのカージナルスでプレーし、韓国プロ野球のSSGランダースに入団した左腕、金広鉉(キム・グァンヒョン、33)の年俸が韓国プロスポーツ最高額を記録した。

入団式でポーズを取る金=16日、仁川(聯合ニュース)

入団式でポーズを取る金=16日、仁川(聯合ニュース)

 SSGは16日、金の入団式を開き、今年の金の年俸は81億ウォン(約7億7600万円)と発表した。これまで韓国プロ野球最高額だった2021年と22年の秋信守(チュ・シンス)外野手(SSG)の27億ウォンの3倍に上る。

 金はSSGと4年総額、151億ウォンで契約した。

 大リーグでの2年間の成績は10勝7敗2セーブだった。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。