Go to Contents Go to Navigation

現代自動車 インドネシアに東南アジア初の完成車工場完工

記事一覧 2022.03.16 21:40

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は16日、インドネシアの首都ジャカルタ郊外、ブカシ県に完成した同社として東南アジア初となる完成車工場の完工式を行った。今年末までに15万台の生産、その後は年産25万台を見込む。インドネシアを戦略的な拠点と位置づけ、人口6億人超の東南アジア諸国連合(ASEAN)市場攻略に拍車をかける計画だ。

現代自動車のインドネシア工場(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 総額15億5000万ドル(約1830億円)を投じた同工場では、今年1月に現地向けの小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「クレタ」の生産を開始し、今後は電気自動車(EV)「アイオニック5」を皮切りに、生産車種を広げていく。

 完工式には同国のジョコ大統領や現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長をはじめ、100人余りが出席した。鄭会長は「現代自動車の工場はインドネシアの未来産業の主軸を担う電気自動車分野で核心的な役割を果たす」と強調した。

 インドネシア工場をEVの主要生産拠点とし、日本車の販売シェアが70%を超えるASEAN市場でEV分野で巻き返しを図る。

「アイオニック5」にサインするジョコ大統領(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
現代自動車のインドネシア工場(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
完工式の様子(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。