Go to Contents Go to Navigation

文大統領 次期大統領に「早期対話」提案

記事一覧 2022.03.18 14:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領との初会合について、必ずしも事前調整が必要だとは考えていないとした上で「早期に虚心坦懐(たんかい)に対話する場を作ることが国民に対する道理だ」と述べ、「青瓦台(大統領府)のドアはいつでも開かれている」との立場を示した。青瓦台の朴ギョン美(パク・ギョンミ)報道官が伝えた。

文大統領(左)と尹氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 文大統領と尹氏は16日に会合する予定だったが、「実務協議が終わらなかった」として当日に急きょ取りやめになった。

 韓国銀行(中央銀行)の総裁や監査院の監査委員など公共機関の人事問題や、収賄罪などで服役中の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の特別赦免(恩赦)問題を巡り、双方に意見の相違があるとの見方が出ていた。

 だが、文大統領が議題にこだわらない意思を示唆したことで、双方が会合の日程を改めて決める可能性がある。

 また、文大統領は側近らに対し尹氏の公約や国政運営方法について個人的な意思表示を行わないよう指示した。尹氏の大統領執務室の移転公約を批判した青瓦台のタク・ヒョンミン儀典秘書官への叱咤(しった)とみられる。タク氏は17日、自身のフェイスブックに「ここ(青瓦台)を使わないならわれわれが使っても良いか」などと皮肉る書き込みを投稿。尹氏が所属する最大野党「国民の力」は「任期をわずか2カ月しか残していない時点まで嘲弄(ちょうろう)を続けるタク秘書官に遺憾を表す」と非難する首席報道官論評を出した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。