Go to Contents Go to Navigation

韓国の海外直接投資 21年は過去最高の758.7億ドル

記事一覧 2022.03.23 10:31

【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は23日、2021年の海外直接投資額は前年比32.8%増の758億7000万ドル(約9兆2000億円)で、1968年の統計開始以来で最高となったと発表した。新型コロナウイルス流行前の19年比では17.0%増。世界的なワクチン普及などで新型コロナの流行に対する懸念が和らぎ、先送りされていた投資が実行されたことや、半導体産業などを中心に対米投資が拡大したことが影響した。

企画財政部のロゴ(同部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 海外直接投資額から回収額を差し引いた純投資額も前年比38.1%増の584億2000万ドルで過去最高となった。

 海外直接投資額(総投資額)を業種別にみると、金融・保険業が293億2000万ドル(前年比58.5%増)で最も多く、次いで製造業が181億7000万ドル(38.5%増)、不動産業が70億1000万ドル(9.1%減)、情報通信業が66億7000万ドル(64.3%増)、卸・小売業が35億9000万ドル(21.3%増)だった。

 国別では、米国に対する投資額が275億9000万ドルで最も多かった。投資額は前年比81.8%急増し、19年比でも75.1%増となった。半導体やバッテリー(電池)分野を中心に韓国企業の米現地での投資が拡大した影響とみられる。

 ほかに、ケイマン諸島(前年比57.1%増の106億3000万ドル)、中国(47.8%増の66億7000万ドル)、ルクセンブルク(59.2%増の43億7000万ドル)など、金融・保険業と製造業の主な投資先への投資が大きく伸びた。

 地域別では、北米(302億9000万ドル)、アジア(183億3000万ドル)、中南米(127億2000万ドル)、欧州(123億3000万ドル)、オセアニア(16億6000万ドル)、アフリカ(3億1000万ドル)、中東(2億3000万ドル)の順で投資額が多かった。北米、中南米、欧州、オセアニアに対する投資が大幅に増えた一方、アジアへの投資は前年比0.2%増にとどまり、中東への投資は70.8%減となった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。